草祭

编辑:悲恸网互动百科 时间:2020-01-24 00:39:00
编辑 锁定
《草祭》是2008年新潮社出版的一部作品,作者是恒川光太郎。
作    者
恒川光太郎
ISBN
9784103130413
出版社
新潮社
出版时间
2008

草祭内容介绍

编辑
団地の奥から用水路をたどると、そこは见たこともない野原だった。「美奥」の町のどこかでは、异界への扉がひっそりと开く―。消えたクラスメイトを探す雄也、冲撃的な过去から逃げる加奈江…异界に触れた人びとの记忆に、奇迹の物语が刻まれる。圧倒的なファンタジー性で魅了する鬼才、恒川光太郎の最高到达点。

草祭作者介绍

编辑
恒川 光太郎
1973年、东京都生まれ。2005年、「夜市」で日本ホラー小说大赏を受赏しデビュー。「恒川ワールド」と称される独特の幻想性を湛えた作品世界が人気を集め、単行本化された『夜市』は直木赏にもノミネートされた。现在、冲縄在住(本データはこの书籍が刊行された当时に掲载されていたものです)
[1] 
参考资料
  • 1.    草祭  .豆瓣读书[引用日期2013-08-25 14:14:27]
词条标签:
出版物 其他书籍 书籍