映像论序说

编辑:悲恸网互动百科 时间:2020-01-21 15:41:57
编辑 锁定
《映像论序说》是人文书院出版社出版的图书,作者是北野圭介。
作    者
北野 圭介
ISBN
9784409100264
页    数
324p
定    价
2,730
出版社
人文書院
装    帧
B6判
副标题
“デジタル/アナログ”を越えて

目录

映像论序说内容介绍

编辑
现在、「映像」はあらゆる场所に溢れ、私たちの生活において不可欠のものとなっている。
アナログからデジタル映像への変化、インターネットなど画面を通した双方向コミュニケーション技术の进歩とその爆発的拡大などにより、もはや「映像」はただ眺めるだけのものではなくった。
変貌した「映像」が持つ意味と、それが与える冲撃とは何か。
北米のニューメディア研究、欧州のイメージの科学をはじめ、情报理论、认知科学、脳科学、分析哲学、映画、ゲーム、メディアアート、フィクション论など、多岐にわたる分野を大胆に横断し、来るべき「映像の理论」を构筑する、挑発的な一书。
序章
第1章 画面とは何か(アナログとデジタルの断绝と连続;映し出されたものと映し出されるはずだったもののあいだ)
第2章 映像と身体(见つめる身体と操作する身体;身体イメージの厚みと膨らみ)
第3章 映像とその外部(映し出された物语と语られた物语;遮断する映像と接続する映像)
结语 言叶と映像、その新たなる距离
先锐化する欧米のニューメディア研究、フィクション论、认知科学など最新の知见を导入し、来るべき「映像の理论」に向けた挑発の书
[1] 
参考资料
词条标签:
出版物 书籍